被験者とは治験や臨床試験・臨床研究などで試験の対象となる人。
すなわち、被験者募集とは文字通り被験者を募る行為ですが、ここでは私たちの考える被験者募集サービスについてご説明します。

私たちが考える被験者募集

サービスの価値

私たちが提供するサービスは、企業からお金を預かり、それを元に広告を運用することが目的ではありません。あくまでも治験や臨床試験・臨床研究を実施する側と、患者様など被験者となって試験に参加していただく側とを繋ぐ架け橋となることにそのサービスの真の価値があります。

一見、この広告代理店モデルと被験者募集会社という二つにそれほど大きな違いはありませんが、結果には大きな違いが生じます。なぜなら、依頼者と患者様双方の意図を汲みとり、的確なマッチングが必要な募集会社には、被験者を集めるという大前提のコミットメントが必要になるからです。私たちは、常にコミットメントを追い求める中で、必然的に自社で全ての広告運用をおこない、そのノウハウを社内に蓄積しております。

サービス価値を追い求めることによる副産物

広告運用を自社でおこない、直接広告媒体と繋がることにより、スピーディかつローコストで被験者募集の支援が実現できます。また、広告媒体側と直接やり取りを重ねることにより、細やかなハンドリングが可能となり、広告制作についてもキャッチフレーズの選定や画像のA/Bテストなどのノウハウが社内に蓄積されています。

常に最新の知識を身につけ、広告を運用するには少なからず労力が伴いますが、そのようにして常に結果をコミットメントし続けることにより、私たちが提供するサービスの価値を高めています。これからも私たちは、製薬会社やCRO・SMOなどの実施側の支援をおこなうとともに、被験者側の立場としてどのような情報が求められているかを的確にキャッチし、被験者募集サービスの提供を追求して参ります。


被験者募集の移り変わり

過去と現在

以前の主流は、SMO毎に各地域のPROに被験者募集を委託していました。PROによって保持しているDatabaseや得意としている地域が異なるため、進捗が悪い地域のみ、地場のPROを使って進捗を加速することができたという事務的・コスト的な利点がありました。しかし、その反面、実施計画の進捗が悪くなってからの動き出しとなるため、期間短縮メリットもそれほど多くはありませんでした。

現在は、PROからの症例見込みを事前にある程度織り込んで募集準備や計画を立てることができますが、その煩雑さゆえにPROを絞り込んで被験者募集を委託するため、そのPROの得手不得手により地域によっては全く症例登録が進まなかったりと、昔と比較してもそれほど大きなメリットの享受には至っていません。


主に実施されている手段

1. 広告代理店&PRO(Datebase・コールセンター)

→代理店が得意な「ブランディング」の実施には最適だが、被験者募集ノウハウが少ない為、巨額な費用とリスクを伴う。

2. SMO経由のPRO

→費用を抑えるというメリットはあるが、後手後手になってしまうため、期間短縮メリットが少ない。また、PROへの募集費用が低くなる傾向がある為、PRO独自での広告費に限界があり、能力を十分に発揮出来ない恐れがある。

3. PROの複数社平行利用

→PROの良いところを活かすことが可能となるが、施設枠の調整や各PROへの情報伝達などにおいて管理がとても煩雑になる。

私たちエディハスは、本質的に「集める」事に特化し、その費用についても明確に算出します。また、北海道や九州、その他主要都市など各地域のPROとの連携が可能です。それに伴う枠の調整や、各SMOとの契約締結、PRO毎のIRB資料提出などにも対応いたします。